NTTComのカメラシェアリングサービスPaN(パン)

京都鉄道博物館

2017年6月23日(金)から
京都鉄道博物館の0系新幹線運転室の前方にカメラを設置し、手持ちのスマホでは撮影できないアングル・広角の写真撮影を提供します。
運転席後方の設置の撮影端末に触れると、カウントダウンが開始、まるで運転手なったかのような写真を撮影可能です。

撮影後発行される撮影カード(バーコード記載のレシート)を、運転室出口に設置の販売ブースへ持ち込むことで、プリント(台紙付き、ダウンロード化)を購入するこができます。

関連情報

株式会社ブレイブソフト発表
https://www.bravesoft.co.jp/news/press/2018/391/

お問い合わせ

カメラシェアリングサービス「PaN」に
関するお問い合わせ

資料請求、デモのご依頼も
下記よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

カメラシェアリングサービス及びPaNは、
NTTコミュニケーションズ株式会社及び
パナソニック株式会社の商標です。